B&Oでつくるオフィスの音環境

みなさん、オフィスにBGM流してますか?

イノベーター・ジャパンでは、「オフィスは最重要なオウンドメディアである」という考えで、ステイクホルダーにどう影響を与えるかということを日々考えながらオフィス空間をデザインしています。

もちろんオフィスが最も影響を与えるステークホルダーは社員。ということで、社員に会社のビジョンやバリューを感じてもらいつつ、最も気持ちよく働ける環境をつくろうと、毎週異なるチームがアイデアを出し合いながら試行錯誤しています。

オフィスにグリーンを配置するなど、視覚的な工夫はわかりやすいのですが、意外と影響度が高いのが聴覚的なところ。完全な静寂だと落ち着かなかったり、社員同士の会話が際立って集中できなかったりします。文字通り、環境のバックグラウンドとなる音環境をつくるのは意外と難しいです。

当社では、オフィスを移転して来た当初から、JBLのスピーカーを天井から吊り下げてBGMをかけているのですが、スピーカー以外にもアンプや配線など設置するのに結構なコストがかかります。また、スピーカーからの距離で聴こえる音量がかなり異なったり、アンプの近くだとファンが発生するノイズが気になったり、課題も多いのが実情です。

BANG & OLUFSEN

そこで、B&Oのワイヤレススピーカーをお借りして、より良い音環境がつくれないか試してみました。オーディオに詳しい人はご存知かもしれませんが、B&O(Bang & Olufsen)はデンマークの高級オーディオブランドで、音質はもちろんのこと、アルミニウムを削り出した筐体を使うなど、非常に高いデザイン性を持つのが特徴です。ちなみに、当社もデンマークにデザインオフィスを置いて現地のデザイナーと協業することがあるので、勝手に親和性が高いブランドと思ってます 笑

今回お借りしたのは、BEOSOUND 2という比較的大きな円錐状のスピーカーと、BEOPLAY M3というコンパクトなスピーカーの2台。いずれも電源コードを挿すだけで利用可能で、大掛かりな配線は一切要りません。BEOSOUND 2は、アルミボディの近未来的な造形で、インテリアパーツとしてもかなり目立ちます。

BANG & OLUFSEN
スマホアプリ

B&OのワイヤレススピーカーはBluetoothで繋ぐことも可能なのですが、WiFiに繋ぐことで専用のスマートフォンアプリから細かな設定をすることができます。当社のオフィスでは、BEOSOUND 2をセンタースピーカーとしてオフィス中央に、BEOPLAY M3をサブスピーカーとしてカフェスペースに設置し、業務で使用しなくなったMacBookをBGMプレイヤーとして運用してみることにしました。

少しだけ手こずったのが複数台のスピーカーへの音声出力設定でした。MacBookと2台のスピーカーを同じWiFiに接続すると、いずれのスピーカーも出力候補に出てくるのですが、複数を同時に選択することはできません。そこでスピーカーの「LINK」という機能を使います。BEOSOUND 2をメインスピーカーとして、BEOPLAY M3をLINKさせると、MacBookからはBEOSOUND 2に出力すれば両方のスピーカーを鳴らすことができます。

BEOSOUND 2

BEOSOUND 2

音の印象ですが、BEOSOUND 2は音の解像度が非常に高く、低音から高音まで綺麗に鳴ってくれます。ダイナミックレンジが広いためか、環境音に埋もれずに音が際立つため、比較的小さな音量でも十分に聞こえます。BGMとしてはこれが非常に有効で、音量が仕事の邪魔することなく心地良い音環境をつくることができます。

BEOPLAY M3

BEOPLAY M3

BEOPLAY M3はコンパクトなので、BEOSOUND 2には及ばないものの、BGMとしては十分な音量と解像度を持っています。カフェスペースに忍ばせることで、スピーカーの存在をアピールし過ぎることなく、ミーティングやリフレッシュタイムに最適な音環境をつくることができ、来客や面接の際にはボタン1つでBGMを止めることができます。

これまではオフィス=事務所という考え方が主流で、業務に直結する要素以外はあまりは意識されてきませんでしたが、今やオフィスの快適さによって、社員の満足度や採用の決定率が大きく変わる時代になりました。BGMも快適さを大きく左右する一要因なので、意識される企業が増えてくるかもしれません。新規に音響設備を整える場合、こういったワイヤレススピーカーは手軽にかつオフィスのデザイン性も向上してくれるため、有効な選択肢だと思います。

現在は毎週チームが選曲してBGMをかけているのですが、音楽だとどうしても個人の嗜好によって好き嫌いが分かれてしまうのが難しいところ。B&Oでは生産性の高まるBGM(!?)も研究されているみたいなので、今後色々と試してみたいと思います。

個人的には、BEOPLAY A1というポータブルモデルをキャンピング用に欲しいなと思ってます!

おすすめのヘルスケア系ガジェット – Garmin・Withings・Zwift

巷ではDeNA社の運営するWELQを筆頭に、「キュレーションメディア」が続々と記事を非公開化し、ここしばらく日本のインターネット界隈でバブル化していたブームが沈静化しようとしています。

信頼性なき医療メディア「WELQ」に揺れるDeNA、MERYを除く全キュレーションメディアを非公開に

個人的な解釈では、本来キュレーションとは「情報を収集・整理する」という意味なので、それらのメディアがやっていることはキュレーションではないと思っているし、小学生のサッカーのように、どこもかしこも「流行り」のビジネスモデルに群がる日本のインターネット系企業には以前からげんなりしていたわけです。

そもそもの経営哲学が無い企業が多いのが、グローバルなサービスやプロダクトが生まれてこない元凶のような気がしています。

 

それはさておき、今回WELQの事件では「人間の健康に関わる」という点で問題が大きくなりましたが、自分の健康を管理するためには、どこぞのメディアの発信する情報を鵜呑みにするだけでなく、まず自分の状態を把握するということが必要です。

ビジネスと同様に飛び道具のようなものは存在しなくて、

現状把握 → 目標設定 → KPI設定 → PDCAサイクル

しか自分の健康を管理する方法はないと思っています。

自分もちょうど1年前に急性虫垂炎で入院してから健康に対する関心が一気に高まって、以前から定期的にやっていた筋トレだけでなく、遅延性フードアレルギーやホルモンバランスの検査をしてみたり、有酸素運動や腸内環境改善など自分の身体のメンテナンスに気を遣うようになりました。

【退院】ノロウィルスではなく急性虫垂炎でした

こういったヘルスケアは、ただそれだけやっていると退屈なので、数値として見える化し、ゲーミフィケーションして自分が楽しめる仕組みを作ってしまうのが一番。

そのためにヘルスケア系のサービスを色々組み合わせて使っているわけですが、最終的に行き着いた形がこちら。

まず、分散する情報を集約して定点観測するためのダッシュボードとして使っているのがGarmin Connect。同じようなアプリは他にも色々あるけれど、後述するサイクルコンピューターといえばGarmin、GarminといえばGarmin Connectということで、今のところこれに落ち着いてます。機能的にはいいんだけど、UIデザインはもう少しなんとかなるんじゃないかと。

健康状態

日々の健康管理の基本は体重と血圧の測定。ということで、これまで使っていた体重計が壊れたのを機にWithingsのBody Cardioを導入しました。

普通の体重計が2,000円くらいから販売されているのに対し、Body Cardioは20,000円超。10倍くらいお値段ですが、1台で体重・体脂肪はもちろん、水分量、心拍数、脈波伝播速度(血圧みたいな指標)に加えて今日のお天気まで教えてくれます。

乗るだけで人を判別して、WiFi接続で勝手にデータをアップロード、1年に1回 USB充電するだけのお手軽UIも毎日続けるためには必要な要素。

国内メーカーの体重計も色々と調べたのですが、自社のアプリでデータが見られるだけで、他社サービスとの連携が圧倒的に弱いのがイケていない。今のご時世、外部連携できないサービスは存在していないのに等しいです。

運動量(日常)

iPhoneにプリインストールされているヘルスケアでも歩数は計測できるのですが、特にオフィスにいるときは常にiPhoneを持ち歩いているわけでもなく、いまいち役に立たず。Apple Watchはデザインやコスパの面で個人的になし。

サイクルコンピュータと連携して心拍計としても使えるということでGarmin vivosmart HRを日常の活動量計として使っています。
買ってから気付いたのですが、iPhoneと連携してメールや着信を通知してくれるし、iTunesのコントローラーとしても使えます。そういう意味では「スマートウォッチ」として売ってもアリなレベルです。

肌が弱くずっとつけてるとかぶれてしまうのと、スーツの時は少し安っぽい感じになってしまうのでつけられないのが難点。

運動量(サイクリング)

ここしばらくハマっているロードバイク。有酸素運動は比較的長時間かかるので、せっかくならそれ自体が楽しいことの方がいいということで始めたところ、見事に泥沼にハマっています。パーツを取り替えてチューンアップするミニ四駆的な要素や、エンジンである自分自身を鍛えないと速くならないというストイックさなど、男子のハマる要素が盛りだくさん。

スピードや走行距離はもちろん、自分のパフォーマンスを可視化するために心拍数、ケイデンス(ペダルの回転数)、パワー(ペダルにかかる力)、獲得高度など多くの数値を計測する必要があります。それを行うのがサイクリングコンピュータ(略称 サイコン)。その代表的なメーカーがGarminで、自分は中級機のEdge 520という機種を使っています。

仕事で帰りが遅い時や雨の日は乗れないので室内トレーニング。Zwiftというサービスを使うと、一昔前のセカンドライフのような仮想空間を世界各国のユーザーと一緒に走ることができます。信号や車がないため、むしろ安全で理想的な状態でトレーニングすることができます。

 

これらのデータがGarmin Connectに集約されることで、自分の健康状態が(部分的に)可視化され、今のところ楽しみながらチューンアップしています。

その他のアプリ同様、Garmin Connectにはソーシャル機能もあり、本来友達同士で切磋琢磨しながらフィットネスを楽しもう、というコンセプトなのでしょうが、なぜか自分の周りには使っている人がほぼいないのがさびしいところ。以前使っていたFitbitはユーザー多かったんですけどね。

というわけで、みんなで楽しみながら健康を維持しましょう!

SXSW 2016 番外編

South By Southwest(以下、SXSW)に初参加してきました。(文末にフォトギャラリーあり)

SXSWとは、
アメリカ テキサス州のオースティンで毎年開催される、映画・音楽・インタラクティブメディアの祭典。今年で30年目を迎え、世界中から約8.5万人が集まった模様。

今年の目玉コンテンツはオバマ大統領による基調講演。これからの社会におけるデジタルテクノロジーの重要性を説き、政府も率先して取り組んでいることを強調していた。米国の広報戦略のうまさもさることながら、トップがしっかりテクノロジーを理解し、自分の言葉として話せるところは日本が見習わないといけないところ。

また、個人的にはX JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」の上映会に参加できたのが大きな収穫だった。何を隠そう初期の頃からのコアなファンなので、涙なしには観られなかった。3/18にはYOSHIKIのライブパフォーマンスがあったのだが、これには残念ながら参加できず。

まあ、SXSWのコンテンツに関しては各所でレポートされているのでそちらに譲るとして、ここではイベント運営や現地のカルチャーなどバックステージの部分にフォーカスしたいと思う。

ちなみに、月刊「事業構想」4/1発売号にIMJ江端さんと共著で取材記事を書かせていただいたので、そちらもご参照ください。

ベンチャーの登竜門 ツイッターに続く成長株の企業は?

イベント運営

DSC_4650

SXSWに限らないかもしれないが、とにかく規模が大きい。動員数だけで言えば日本国内のイベントでも大きいものはあるが、街全体がお祭り状態になることはあまりないと思う。オースティンのダウンタウンエリアはそこまで広くないものの、町中のホテルやレストランがほぼ全て会場になっている。

SXSWが世界中から人を集め、町中のホテルが満室になり、郊外のホテルにも人が溢れるから交通機関も潤い、数百のカンファレンスを運営するために膨大な数の学生がボランティアとして参加している。もはや単なるイベントというより、オースティン市の一大事業のレベルに達している。

SXSWの影響もあってか、ここ数年オースティンを拠点とするスタートアップ企業が増えているらしい。ニューヨークやサンフランシスコの物価が高騰しているため、生活コストが低く温暖な気候のテキサスが人気とのこと。

一方、SXSWのブランドが確立されてきたために、出展料が高騰しているという情報もあった。サンフランシスコの某企業から参加されていた方は「ここ数年毎年出展していたが、今年は出展を見合わせた」と話しており、出展社の顔ぶれが変わり「昨年より劣化した」という意見もあった。30周年を迎える今回が何らかの転機になるのかもしれない。

現地のカルチャー

現地の人々におすすめを聞くと、ほぼ100%「バーベキュー」と「テキシカン」という答えが返ってきた。

バーベキューは日本でもよくやる「BBQ」とは違い、豪快に焼く肉料理のこと。テキシカンはテキサス風メキシコ料理のことを言うらしい。南に下ればメキシコとの国境なので、たしかに街中にはメキシコ料理店が多く、滞在中もかなりの頻度でメキシコ料理を食べていた気がする。バーベキューについては、行く店によるのかもしれないが、正直日本で食べる肉の方がはるかに美味しいと感じた。

住・交通

イベント会期中はホテルはどこも満室だった。SXSWが仲介してホテルの予約ができるのだが、チケット販売当日にダウンタウンエリアのホテルは売り切れてしまうらしい。そこで大活躍なのがAirbnb。日本ではまだグレーゾーンだが、こちらでは一般的に使われている。会期中は値段が高騰するため、自分は旅行に行ってでも家を貸し出して小銭稼ぎをする人も多いらしい。台湾から参加していた友人グループは4人で高級マンションをシェアしていたが、ホテルよりもはるかに安く借りられていた。

自分はダウンタウンから10kmほど離れた郊外のホテルに泊まっていたのだが、日々の交通手段として使ったのがLyft。東京でも微妙に使われているUber(正確に言うとUberではなくUberX)の対抗馬。今回、LyftがSXSWの公式スポンサーということで、参加者全員に$10程度のクーポンコードを配布していたりLyft推しな雰囲気だった。

IMG_1524

Lyftは日本で言うところの白タクで、一般人がドライバー登録をして客の輸送をしている。そのため車種も様々で、今回乗ったのはトヨタのカローラからDodgeのスポーツカーまで様々だった。ちなみに、多くのドライバーはLyftとUberXの両方にドライバー登録しており、状況によって使い分けているとのこと。ただ、運営会社に支払うマージンがUberXが25%なのに対してLyftが20%らしく、どのドライバーもLyftを推していた。みんなコミュニケーション能力が高くて目的地までのトークが楽しく、乗車後の評価は毎回★5つにしてしまった。

Lyftだけで生計を立てているドライバーも多いようで、スマートフォンが新しい職業を生み、人々の生活を変えているということを改めて感じさせるサービスだった。こういったイノベーションにいつもブレーキがかかる日本がもどかしい。

[gap]

といった感じでSXSWに行ってイベントそのもの以外からも色々と刺激を受けてきたわけだが、逆にもやっとした焦りのようなものも感じた。SWSXで見て聞いてきた多くの会社が、世界中の人材とコラボレーションしながらチャレンジし続けている状況の中で、自分たちは日本に安住し過ぎていないかと。今回、日本からブース出展している会社は少なからずあったものの、個人的には世界の大きな動きに取り残されているような感覚を受けた。

一方、堂々と話されたり展示されたりしていても、まだ構想段階であったり、正直なところイマイチと感じるものも多かった。真面目につくって実現段階まで持っていっても、最終的に世の中に伝わらなければ無いのも同然ということを考えると、実はこういったプレゼン先行型が勝ち組になっていくことが多いのかもしれない。

であれば我々も構想やプロトタイプ段階のサービスをもっとアピールすべく、来年あたりSXSWに出展するのもあり、かな?