ラッシュを放置するから痴漢も冤罪もなくならない

最近、通勤時間帯に痴漢と疑われた人が(真偽はさておき)線路に逃亡するケースが頻発している。

線路への立ち入り「逃走」相次ぐ…「痴漢」を疑われた場合、どう行動すべきか?

自分も中学生の頃から電車通学をしていたので、怪しいシーンに遭遇することはよくあったし、今でも山手線を使って通勤しているが、かなりの頻度で「緊急停車」が発生し、そのうちの一定割合が痴漢事案らしき雰囲気だ。

一時前まで「痴漢と疑われたらまずその場を立ち去るべき」といった情報がテレビやネットで伝えられていただろうが、さすがに線路に逃亡して賠償金や命を落とすリスクを負うのは本末転倒。

もちろん痴漢を犯す人間が悪いのだが、ラッシュ(200%を超えるような乗車率)を容認している鉄道会社にも一定の責任があると思う。

朝晩のラッシュを経験したことのある方ならわかると思うが、すし詰めの電車内では人と人が接触せざるを得ない状況になっている。つまり、物理的な接触が容認されているため、それが意図的かどうかがわからない状態になってしまう。

これが痴漢が入り込む隙になり、冤罪が発生する原因でもある。さらにこのストレスが乗客をいらつかせ、「お客様トラブル」も頻繁に引き起こしている。

痴漢・冤罪問題をなくすには?

では、どうすれば痴漢・冤罪問題をなくすことができるのか? 自分も電車通勤をする以上そのリスクに晒されているわけで、何とかしてこんなくだらないことに気を遣わなくて済むようにしたい。

いっそのこと、乗車率の上限を法律で定めてしまうのはどうだろう?

エレベーターと同じように、規定の重量を超えるとアラームが鳴りドアが閉まらなくなる。乗客の間に適度な空間が保たれることによって、痴漢が入り込む隙をなくしてしまう。結果、冤罪や「お客様トラブル」のリスクも限りなく低くなる。

一方、これによって電車に乗れない人が発生し、これまでの時間には出社できなくなるかもしれない。でも、それはそういうものとして諦める。人々が健康的に通勤できるキャパシティはそれだけしかないのだから。

その時間に出社できなくても、時間をずらしたり、リモートワークをしたり、いくらでも働く方法はある。20km程度であれば自転車でも十分通勤できる。働き方改革や健康増進もできて一石二鳥。

鉄道会社のビジネスにもマイナスの影響があるかもしれない。それもそういうものとして認めるしかない。乗客を健康的に輸送する手段を提供できていないのだから。

しかし、従来の輸送手段を変えなくてなならないということは、イノベーションのチャンスでもある。たとえば、山手線は環状なのだから環状に繋がった車両を走らせればキャパシティを増やせるかもしれない、とか。(適当)

日本人は忍耐することを良しとする価値観のために、問題のある状態を耐えて放置する傾向があるように思う。そのマインドセットが、ラッシュ問題だけでなくブラック企業問題など様々な社会問題の根底にあり、変化やイノベーションを妨げている。

これを機に、通勤にイノベーションを起こしませんか?

イノベーター・ジャパンでは郊外型ワークスタイルの実験として&donutsプロジェクトを推進しています。

カオスは悪者じゃない

イノベーター・ジャパンでは、不変の価値観として4つのVALUESを掲げています。

  • LOVE
  • CHAOS
  • GROOVE
  • ENJOY

しかし、CHAOSだけがいまいち共通の理解を得られず浸透しないのですが、これが当社だけでなく日本全体が抱える大きな課題のような気がしています。

CHAOS(カオス)の辞書的な意味は「天地創造以前の混沌」で、全ての物事はカオスの状態から始まるということです。要するに、カオスは新しいことを始める時には当然あるべき状況

しかし、(日本において)一般的にはカオスは良くない、避けるべき、入ってしまったらいち早く抜け出すべき状態という風に捉える人が多いのが現状。

そのために、新しいことを始める時でも、カオスを避け、理路整然とルールを決めようとし、リスクを排除することに異常に労力を使ってしまう。結果、なかなか始まらなかったり、始まる前に立ち消えになったり、その間に他者に先を越されたりする。

こんなことが日本の至る所で起きているのではないでしょうか?

カオスとは、未知で、見ようとしても見えないからカオスなわけで、極論まずは飛び込むしかないんです。

一旦飛び込めば、色々なものが見えてきて、その情報を頼りに進むことができ、期待していた結果に行き着くこともあれば、想定外の成果を得られることもあります。

もちろん何の成果にも結びつかないこともありますが、その経験自体が価値を持っているので、決して損することはありません。

逆に、飛び込む前に見えてるのであれば、それはカオスではなく、特に新しいことではない証拠です。

余談ですが、「新しいことを提案してくれ」というクライアントに対して新しいことを提案すると「他社事例が無いとできません」といったことがよくあります。。

少し楽観的過ぎる考え方かもしれませんが、この楽観性が新しいチャレンジやイノベーションには必要だと考えています。

カオスに積極的に飛び込み、むしろ楽しんでしまうくらいの感覚。

当社は社名にも「イノベーター」を掲げているので、そんな価値観を大事にしていきたいと思ってます。

やりたいことが見つからない症候群の原因

チームラボ・猪子氏が語る、「やりたいこと」を見つけるたったひとつの方法

を読んで色々と考えてみた。

自分の会社でキャリア面談をしていても、やりたいこと(WILL)が明確に見えている人と、そうでない人が大きく分かれる。

以下、自分なりの仮説。

やりたいことを見つけるためにはセンサーとなるアンテナが必要。

そのアンテナは幼少期に遊びを通して立てられる。

しかし、「教育」や親の期待によって、アンテナが感じているものと異なることをし続け、次第にアンテナの感度が下がり、しまいには圏外になってしまう。

それが「やりたいことが見つからない」症候群の主な原因のような気がする。

実感として、親や先生の言うことをしっかり守ってきた、いわゆる「優等生」の方がこの状態になっているケースが多い。

では、やりたいことが見つからない症候群にならないためにはどうすればいいか?

自分のアンテナに正直に生き続けるしかない。

親や先生は、自分達の価値観を押しつけず、子供のアンテナを尊重してサポートすることが役目。そして、自分のアンテナを信じ、自信を持って行動できるようにしてあげることこそが本来の教育のはず。

大学選びや就職活動にも口を出してくるような親は典型的なNGパターン。

一度圏外になってしまったアンテナは、果たして復活させることができるのか。

できると信じて処方箋を探りたい。