人間の行動は4つのパターンしかないと考えている。

まず、動機として自分の意志に沿っていたか否かの2パターン。自分の意志に沿っていないというのは、自分の意志を持っていなかった、或いは他人の意見に従ったというケースなど。

次に、結果としてうまくいったか否かの2パターン。

この2種類の動機×2種類の結果の4パターンに大別される。それぞれのパターンでどんな成果が得られるのか見てみよう。

自分の意志 → うまくいった

最も理想的なパターンで、達成感や自信など多くの成果を得ることができ、成功体験として次の行動の強い動機になる。

自分の意志 → うまくいかなかった

多少苦い経験ではあるが、成功に向けた次の行動時に参考となる情報を得ることができる。よって、失敗とは認識されないケースも多い。

非自分の意志 → うまくいった

結果自体には満足するものの、大きな達成感や自信を得ることはできず、次の行動の動機にはなりずらい。

非自分の意志 → うまくいかなかった

最も望ましくないパターンで、大きな後悔が残り、その後も他責になりがちなケースが多い。

ここから見えてくるのは、うまくいったか否かが得られる成果に与える影響はあまり大きくなく、自らの意志に沿ったか否かが大きな分かれ目であるということ。

つまり、自らの意志に沿うことを続けていれば、もちろんうまくいかないことはあるものの、経験と自信を積み重ね、上昇スパイラルに乗ることができる。

残念ながら従来の日本の教育システムでは、他人、特に親や教師の意見が尊重され、自らの意志に沿って行動することを恐れる人が多く生み出されている。進学先や就職先を自分で選ぶことのできない若者はその典型だ。

幼少期から、自分の意志(心が本能的に反応する方向)を感じ取って行動することを習慣化し、大人は自らの意見を押しつけずにサポートする。さらに、その延長線上で社会に飛び立つ若者が増えると社会全体が活性化されるのは確実。

では、いつやるのか? 以下省略

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *