カオスは悪者じゃない

イノベーター・ジャパンでは、不変の価値観として4つのVALUESを掲げています。

  • LOVE
  • CHAOS
  • GROOVE
  • ENJOY

しかし、CHAOSだけがいまいち共通の理解を得られず浸透しないのですが、これが当社だけでなく日本全体が抱える大きな課題のような気がしています。

CHAOS(カオス)の辞書的な意味は「天地創造以前の混沌」で、全ての物事はカオスの状態から始まるということです。要するに、カオスは新しいことを始める時には当然あるべき状況

しかし、(日本において)一般的にはカオスは良くない、避けるべき、入ってしまったらいち早く抜け出すべき状態という風に捉える人が多いのが現状。

そのために、新しいことを始める時でも、カオスを避け、理路整然とルールを決めようとし、リスクを排除することに異常に労力を使ってしまう。結果、なかなか始まらなかったり、始まる前に立ち消えになったり、その間に他者に先を越されたりする。

こんなことが日本の至る所で起きているのではないでしょうか?

カオスとは、未知で、見ようとしても見えないからカオスなわけで、極論まずは飛び込むしかないんです。

一旦飛び込めば、色々なものが見えてきて、その情報を頼りに進むことができ、期待していた結果に行き着くこともあれば、想定外の成果を得られることもあります。

もちろん何の成果にも結びつかないこともありますが、その経験自体が価値を持っているので、決して損することはありません。

逆に、飛び込む前に見えてるのであれば、それはカオスではなく、特に新しいことではない証拠です。

余談ですが、「新しいことを提案してくれ」というクライアントに対して新しいことを提案すると「他社事例が無いとできません」といったことがよくあります。。

少し楽観的過ぎる考え方かもしれませんが、この楽観性が新しいチャレンジやイノベーションには必要だと考えています。

カオスに積極的に飛び込み、むしろ楽しんでしまうくらいの感覚。

当社は社名にも「イノベーター」を掲げているので、そんな価値観を大事にしていきたいと思ってます。


One Reply to “カオスは悪者じゃない”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *