英語を勉強せねば

最近週1~2回くらい海外からの来客がある。

もちろん日本語は通じないので英語での会議。前職でも海外パートナーと仕事をしていたのでなんとかなるかと思っていたが、ここ2~3年英語とは無縁の生活をしていたので、ちょっとヤバい気がする。

前に使ってた教材を引っ張り出してきて再度勉強しなおすことにしました!

photo

場面別 会社で使う英会話
味園 真紀 ペラルタ 葉子 ディーオーエムフロンティア
ベレ出版 2002-11
評価

この本は場面ごとによく使う表現がまとまっているので重宝してます。

普段PCを使える環境だと翻訳にALCをよく使っているけど、会議だと常にネットにつながるわけでもないので電子辞書を買ってしまった。今後使う機会増えそうなのでちょっとよさそうなやつ。

SEIKO IC DICTIONARY SR-ME7200 電子辞書 (英語/ビジネスモデル 25コンテンツ オックスフォード英英辞典4冊/数独パズル収録 音声対応 コンパクトモデル)

でも電子辞書は用例はそんなに豊富に載ってないので、文字通り辞書代わりにしかならないかな。単語や熟語のニュアンスまで知りたい時にはALCはお勧めです。

そんなわけで、英語漬けでいったります。

カメラマンデビュー

ついにデジタル一眼レフ買っちゃいました。

photo

Nikon D40 レンズキット ブラック
ニコン 2006-12-01
評価

詳しいことはよくわからないので、とりあえず練習用ということでNikonの入門機D40。色々調べたところコストパフォーマンスはかなりいいみたい。

小さい頃に父親の一眼レフをもらってからカメラはいつもそばにいる存在。なんかカメラって家電でもAVでもなく特別な機械な気がします。

普段は持ち歩きが便利なコンパクトデジカメ(Nikon COOLPIX S7)ばかり使っているけど、やっぱり絵にこだわるときは一眼レフが欲しい。自分もよく違いがわからずに、「コンパクトでも十分きれいだろ」と思っていたけど全然違いました。コンパクトだと画質は綺麗だけど、やっぱり味がない。背景をぼかしたり絵として仕上げるには一眼レフが必要なようです。

参考にさせてもらっているのが、paperboy&co.の社長、家入一真さんのflickr。被写体がうまく浮かび上がっていてすごく臨場感がある。

自分も早くうまく撮れるように練習しますわ。

ノリックが、逝った…

10月18日、ノリックこと阿部典史氏が公道でのバイク事故で亡くなってしまった。

モータースポーツファンなら知らない人はいないノリック

2003年にレース中の事故でなくなったダイちゃんこと加藤大治郎氏と共にバイクレースを彩った二人が両者とも逝ってしまった。

アイルトン・セナやジャンルは違うけどhideもそうだったが、スターはこういう風に最期を向かえるものなんでしょうか。

久々にショッキングな訃報でした。