専門家に「任せる」ではなく「やらせる」

仕事関連の情報を検索していたら面白いブログ見つけました。 simpleA このブログの「会社って、どうやって作んの?」という記事の中でなるほどと思ったのが、 「専門家にやらせる」ってことであって、決して「専門家に任せる」ってことじゃなーい ということ。 つまり、仕事は専門家に「任せる(丸投げ)」のが時間の節約にはなるが、ノウハウも溜まらず、そのうち専門家に使われるという逆転現象になってしまう。 自分でできるところまでやってしまって、その上でさらに専門家に「やらせる」ことで上記のような状況にはならないし、自分と専門家のやり方の違いを吸収することでノウハウが溜まっていく。 ということだそうだ。たしかに! ひとつ勉強になりました。

台湾から帰りました

1週間の台湾出張から戻りました。 今回の出張では色々なミッションを抱えてかなりハードな一週間でした。しかし得るものは大きかった! ぶっちゃけインターネット広告の市場としては日本より遅れているが、その反面日本市場からノウハウを吸収して次の一歩を踏み出そうというハングリーさを感じました。 一方、台湾では市場規模がそこまで大きくないため、独占市場になりやすい。既にシェアを取っている訪問先はかなり保守的な志向に偏っているようでした。 我々も海外進出の第一歩として台湾ではエキサイティングな展開になりそうで楽しみ! 台湾では1月が1年間で一番雨量の多い季節らしく、1週間ずっと曇天でした。南国チックな気候を期待していたけど、実際はコートがないと寒いくらい。 街並みは日本と大差なく、いたるところにセブンイレブンやファミリーマートがあって全く不便はありませんでした。 物価は全体的に日本よりもチョイ安。食べ物はかなり安い! 屋台で食べるとどのメニューも大体30~60元。¥300もあればかなり腹いっぱい食べられます。 台湾でハードだったのは仕事のみならずアルコールの摂取量。人生で一番アルコールを摂取した1週間だったかもしれません。 紹興酒、5本! ウィスキー、6本!! ビールはnumberless… 日本と同様ビールは最もポピュラー。台灣啤酒(タイワンピーチョウ)というビールは日本のビールと比べると苦味が少なくサラッと飲めておいしいです。 もっとも激しかったのは白酒(パイチュウ)という中国の酒。高粱という穀物からできていて、なんとアルコール度数58°!日本からの出張者は必ずこいつにやられるらしいです。 というわけで、土日はアルコールを抜きつつゆっくり休んで来週に備えます…

英語を勉強せねば

最近週1~2回くらい海外からの来客がある。 もちろん日本語は通じないので英語での会議。前職でも海外パートナーと仕事をしていたのでなんとかなるかと思っていたが、ここ2~3年英語とは無縁の生活をしていたので、ちょっとヤバい気がする。 前に使ってた教材を引っ張り出してきて再度勉強しなおすことにしました! 場面別 会社で使う英会話 味園 真紀 ペラルタ 葉子 ディーオーエムフロンティア ベレ出版 2002-11 評価 この本は場面ごとによく使う表現がまとまっているので重宝してます。 普段PCを使える環境だと翻訳にALCをよく使っているけど、会議だと常にネットにつながるわけでもないので電子辞書を買ってしまった。今後使う機会増えそうなのでちょっとよさそうなやつ。 でも電子辞書は用例はそんなに豊富に載ってないので、文字通り辞書代わりにしかならないかな。単語や熟語のニュアンスまで知りたい時にはALCはお勧めです。 そんなわけで、英語漬けでいったります。